上場企業の資金調達にお悩みならこのサイト!資金調達ランキング

ホーム > 資金調達の豆知識 > 多くの上場企業が資金調達として

多くの上場企業が資金調達として

上場企業における資金調達法といえば株式の増資でしょう。
つまりは、新株発行によって資金を得るわけです。
これができるからこそ上場するといっても過言ではないでしょう。
利息がいらない資金になります。
借りているわけではないのですが、これが物凄く有難いことになります。
ですが、多くの上場企業が意外と借金をしています。
つまりは資金調達法として銀行融資を受けているわけです。
折角、上場しているのに株式発行による資金の調達はそんなにしないのか、といえば意外なほどしないことが多いです。
もちろん、まったくしないわけではないですが不特定多数の人の手に株式が渡ることになりますから、経営権的な問題もあるからです。
その為、資金調達法として銀行からお金を借りたり、どんなに持っていようと経営権的に関係ない社債などを利用することも多いわけです。



上場企業がやっている資金調達とは

殆どの上場企業がまずは株式発行による資金調達をしています。
そもそも上場した時点でまず物凄く資金が入ってくることになります。
株式を公開するわけですから、新株の発行などによってほぼ縛りのない資金が得られます。
そうはいってもこの資金調達法は経営権に関係してくることでもありますから、そんなに頻繁にできるわけではないです。
その為、社債発行、銀行融資なども絡めているところが多いです。
上場企業といいますとどうしても株、というイメージがあります。
それは正しい認識ではあるのですが、それでもそれしかできなくなるわけではないです。
銀行融資などは当たり前のように利用していますし、社債も立派な資金の調達法ですからこれもやっているところは多くあります。
そもそも資金調達法を一つに限定することのほうが非効率的であり、選択肢は多いほうがよいでしょう。



上場企業がよくやる資金調達法とは

上場している企業というのは信用が少なからずあります。
財務が透明であり、信用があるからこそ、上場ができているわけですから、非上場の企業と比べればそれは信用できるに決まっています。
その為、銀行からお金を借りることもできることが多く、上場企業でもそれが資金調達の方法の一つになっています。
或いは株式の増資ということもあるでしょう。
上場しているわけですから、それができます。
銀行からの融資と大きく違うことは利息が必要ない、ということです。
別に借りているお金ではないからです。
銀行融資では当たり前ですが金利を支払うことになります。
無借金経営が理想ではありますが、企業活動である以上、大抵は借金、つまりは負債が少なからずあります。
それが悪いことではないです。
資金調達をすることもよくある話ですし、事業拡大などの経営戦略においては必須です。

次の記事へ