上場企業の資金調達にお悩みならこのサイト!資金調達ランキング

ホーム > 資金調達の豆知識 > 上場企業は資金調達方法としては

上場企業は資金調達方法としては

企業はすべての資金を自力で持っているわけではなく、多くは借りていることになります。
無借金経営というのもありますが、これは極めて稀な健全経営をしているところしかないです。
それこそ上場企業すら資金調達として借金は利用しているからです。
上場しているわけですから株式の発行もできるのですが、それをしますと経営権に関して陰りが少なからず出て来ることがありますから、それは避けている上場企業も多いです。
それが怖くて大企業なのに上場していないことすらあります。
ですが、上場しているのであれば株式の発行によって資金調達ができることも事実です。
お金を借りることもできますし、株式発行も、或いは社債発行もできるのが上場企業の資金の調達法であり、選択肢が多いわけです。
但し、借りれば利子がかかりますし、それが経営的に問題があることもあります。



上場企業も社債で資金調達をしている

上場企業は社債で資金調達をすることがあります。
上場しているわけですから、株式発行とかがよいのでは、と考えるかもしれませんが、それだけというわけではないです。
普通に銀行から借りることもありますし、株式発行のように無利子で使える資金となるわけではないですが、それでも色々とメリットがあります。
社債の場合は社債権者には経営に参加する権利がないです。
つまりは、社債発行をしても経営には干渉されないわけです。
これが物凄く大きいメリットとして社債発行にはあります。
上場している企業でも安易に株式の増発行に踏み切らないのは経営権の問題があるからです。
また、社債発行によって得られた資金は使途が限定されないです。
その為、資金の使い道に関してもフリーダムになりますから、そうしたところも社債発行が今でも多く行われている理由でもあります。



上場企業が資金調達として株式を発行

上場企業というのは、株式市場に株式を上場している企業のことをいいます。
それしかできないわけではないですが、上場している企業は株式の発行によって資金調達ができます。
これも確実に買われるとは限らないのですが、少なくとも株式市場に自社の株式を流通させることはできるようになっています。
株式の発行は借りるわけではありませんから、利子の要らない資金として使えるわけです。
但し、デメリットもあり、それは経営権に関する地盤が揺れることです。
つまりは株式の価値が下がり、そして流通する数も多くなりますから、過半数とはいいませんが十分に口出しできるところまで買い入れる組織が出てきてしまうことがある、となるわけです。
そんなに多いことではありませんが、株式発行は資金調達においてメリットは大きいですがリスクもあるわけです。

次の記事へ