上場企業の資金調達にお悩みならこのサイト!資金調達ランキング

ホーム > 資金調達の豆知識 > 上場企業は資金調達で翻弄されない対策を重要視

上場企業は資金調達で翻弄されない対策を重要視

会社が運営存続できるようにするための資金調達には複数の方法があります。
1つは銀行など金融機関からの借り入れ、次は社債の発行をすること、そして最後は株式市場に上場することとなります。
その株式に上場できる上場企業は会社としてはかなりの経営規模と実績と知名度のある企業であるといえます。
この株式市場に上場すると不特定多数の企業や個人や投資家などから株式を購入してもらえるようになります。
その資金源は社債のように利息を付けて返済をする必要がありません。
株価が上がるか下がるかは市場次第となります。
ただしこの株式による資金調達は、近年ではある意味ハイリスクな選択肢の1つとなります。
その理由は投資ファンドによる会社乗っ取りの危険性があるからです。
一部の投資ファンドは過半数以上の比率に迫る勢いまで大量に株式を買い集めて、経営陣に対しての圧力をかけています。
言い換えればこれは敵対的買収行為となりますが、これのために会社は一部の投資ファンドのために翻弄をされて会社自体の存続運営自体が危うくなってしまいます。
そのため現代の資金の調達対策では、この一部の投資ファンドにいかに乗っ取られないようにするかが最大の対策であるといえます。
実際に一部の上場している株式会社はこの投資ファンド対策の一環として、あえて上場をやめてしまうところも出ています。



上場企業がどうやって資金調達するのか

上場企業が、株主に株を購入してもらうことで、資金調達を行います。
その結果、新たな事業を進めたり、これまでの業務内容を強化していきます。
そして、得られた利益を、株主に配当していくことになります。
業績が悪化すると、その配当も低くなり、業績が良くなれば、配当も多くなっていきます。
株主が株を購入できる数は、様々な数が設定されており、まとまった金額が必要な場合もあれば、手頃な値段なこともあります。
また、株主となってもらう為に、株主優待券などを発行しており、それを目当て株主になる人もいたりします。
どんな株主優待券があるかといえば、カレーチェーン店が、カレーを無料で食べられるなどの企業に関連した優待券が設定されています。
また、年一度株主総会があり、上場企業の経営がどんな経営をしてきたかを株主に話す場となります。



上場企業も資金調達が必要な時がある

上場企業であっても、ちょっとした時に資金調達が必要になることがあります。
そんな時には融資を受けることが一般的です。
金融機関などに相談すれば、問題ない場合お金を貸してもらうことができます。
でも必ずお金を貸してもらえるかと言えば、そうでもありません。
断られることもありますし、必要な分のお金にならないこともあるでしょう。
そんな時には売掛金を現金化するやり方もあります。
金融機関ではないですし、自分の持っている売掛金をお金にするだけなのですぐにお金が必要な時にも対応しやすいことが魅力です。
複雑な審査などがない分、手軽に利用することができるのも魅力となっているので話題にもなっています。
企業では現金が必要になることも多くなっていますので、このタイプのサービスを上手く利用することができればキャッシュフローも分かりやすくなります。

次の記事へ