上場企業の資金調達にお悩みならこのサイト!資金調達ランキング

ホーム > 資金調達の豆知識 > 上場企業の資金調達方法として新株の発行

上場企業の資金調達方法として新株の発行

 株式会社の場合、株式を発行すると引き受け者からお金を得ることができます。ただ、株式発行をすればいつでも引き受け者がいるわけではありません。中小企業などであれば、社員であったり、取引先、親族などに引き受けてもらわないとお金を得ることができません。
上場企業が行える資金調達方法としては、新株の発行があります。上場をしているので、常に株式の売買がされています。業績のいい会社であれば、株式を新たに購入したい人がいるはずです。その人たちに引き受けてもらうことで、容易にお金を得ることができます。証券会社などに依頼をすれば、新株発行の手続きなどを行ってもらえます。条件などを設定して発行します。株式発行の場合、借入などと異なり返済は不要です。ただし、配当金などのコストがかかります。又、今の株主などに理解を得ないといけない場合があります。


上場企業の資金調達では社債の発行がある

 お金が必要だけども銀行からではコストが高い場合、資金調達方法としては社債を利用する方法があります。社債は、企業が直接広く投資家からお金を集める方法です。一定の基準で債券を発行し、利息の支払いなどを約束します。満期時などに元本と利息を返済する必要があります。どんな企業でも社債の発行はできますが、誰が引き受けてくれるかになります。中小企業となると、その会社の状況がわからないため、一般の投資家などが引き受けてくれる可能性は少ないです。
取引先などに依頼をして引き受けてもらうしかありません。上場企業の場合は、株式投資などを通じて信用を得ているので広く投資家から集めることができます。株式発行の時と同様に、証券会社などに社債の発行を依頼します。すると、証券会社を通じて投資家を集めることが可能です。信用力が高ければ、支払いコストも低くすることができます。


上場企業の多様な資金調達の方法

 上場企業が新規事業を始めたり、赤字の補てんをしたりするうえで、効率の良い資金調達の方法を検討する必要があります。特に、まとまった金額の融資を得るために、取引先の銀行に掛け合ってみるだけでなく、新規の株券を発行することも効果的です。近頃は、上場企業の資産の安定性に着目をしている株主が少なくありませんが、企業経営者にとっては、将来性のある事業の取り組みを積極的にアピールすることが何よりも重要です。
また、資金調達が難しい場合には、同業他社に一定の事業の買収を提案することで、経営難の状況から脱することができるケースもあり、時には企業実務に詳しいコンサルタントなどから助言を受けることも良いでしょう。その他、資金調達の際に発生する利息などのコストに気を配りながら、将来的な資金計画を綿密に立てることが大切です。

次の記事へ