上場企業の資金調達にお悩みならこのサイト!資金調達ランキング

ホーム > 資金調達の豆知識 > 上場企業の資金調達方法としては

上場企業の資金調達方法としては

上場企業というのは、株式市場に株式を公開している企業のことです。
します、といって自由にできるわけではなく、キチンと審査があります。
それで問題ないと判断されたのであれば株式を市場に出して自由に売買できるようになります。
そもそも株式発行とは資金調達の方法であり、まずは上場しているのであればこれが基本になります。
加えて銀行などから借りることもあります。
社債発行ということもあるでしょう。
上場しているであれば大抵の資金調達の方法は利用できるようになっています。
利用できるといっても相手がいるわけですから、認められる必要はあります。
社債ならば発行しても引き受けてくれるところが必要になっているわけです。
しかし、上場している、というのは少なからず企業として信用できることにも繋がっていますから、資金は得やすくなっています。



上場企業が経営に必要なお金を集める資金調達方法

企業が、その活動を維持するためには資金が必要です。
その資金調達に当たっては、いくつか方法があります。
まず、金融機関からお金を借り入れたり、社債を発行してお金を借り入れることで調達する方法があります。
この場合、借りたお金ですので、返済期限が到来したら利息をつけてお金を全額返済しなければなりません。
これに対して株式の発行は、株主を募る方法で、多くの上場企業が用いています。
株主から集めたお金は株主に返す必要はなく、返済や利子を考慮することなく経営できます。
株主は、投資として株式を購入しますので、配当金を期待する場合もありますが、基本的には値上がりした株式を売却してその差益によって収益を上げます。
株式を発行することで、幅広い層からお金を調達することができますので、たくさんのお金を得ることができます。



上場企業が経営資金を賄う資金調達の方法

会社を経営するためには多額の資金を必要とします。
お金を調達するためには、銀行などの金融機関からお金を借り入れる方法があります。
しかし、あくまでも借り入れたお金ですので、期限が来たら返済しなければなりませんし、相応の利息も支払わなければなりません。
そこで、直接お金を調達する方法として、株式の発行による資金調達があります。
株式を発行してこれを投資家に購入してもらって株主になってもらうことで、悪寒を調達できます。
株主は、株式を売却したり、長期間保有して配当金などを得ることで収益を得ます。
このため、株式を発行しても、借り入れのように利息の支払い義務は生じません。
大手と言われる企業は、そのほとんどが株式を上場している上場企業です。
会社の規模が大きいだけに借金などの間接金融では間に合いません。
直接市場からお金を調達することが効率的です。

次の記事へ