上場企業の資金調達にお悩みならこのサイト!資金調達ランキング

ホーム > 資金調達の豆知識 > 上場企業の場合の資金調達に必要なこと

上場企業の場合の資金調達に必要なこと

資金調達はかなり大変な場合があります。
業績が悪化をしていれば、金融機関はお金の貸し出しを渋るようになります。
金融機関側もリスクは避けたいと考えます。
危険な企業には貸し出しをすることはありませんし、本当に貸し出しをして大丈夫なのかどうか、吟味をしなければいけません。
上場企業でも業績に不安がある場合には、審査も厳しくなることがあります。
誰もが知っている有名企業でも今は様々なトラブルを抱えていることがあります。
うわべだけでは大丈夫だと考えられていても、内部のことを知れば危ないと感じるかもしれません。
新しい事業に乗り出す時にもお金が必要ですが、資金提供を受けるにはかなり困難な場合が多いです。
必要書類の数も多くなりますし、その書類に不備があったらすぐに返されてしまいます。
大企業であってもお金の問題はシビアです。



上場企業とは資金調達の方法がいくつもある

会社を運営、経営していくためには資金が必須です。
自己資金というのもありますが、事業拡大などのときにはお金を借りることが多いです。
それは上場企業でも同じであり、上場しているわけでから、株式を発行しているわけですがそれを追加で行うことはそんなに多いことではないです。
そこが上場企業のメリットではあるのですが、それでも銀行などから借りているところは多いです。
株式を安易に発行しますと薄まるからです。
発行枚数が増えてしまうとさすがに価値が下がることになります。
そのため、あくまで株式の発行を追加で行い資金調達をするのはそんなに頻繁にやるようなことではないでしょう。
上場企業であろうとも銀行からお金を借りて、というのが最も多いです。
或いは社債などを発行することもあります。
社債にはいくつかの種類がありますから時々に応じて使い分けて発行します。



上場企業は株式発行による資金調達がよい

株は出資者に対して発行しているものになります。
そして、これは性質としては別に借金ではありませんので、返済の必要はないです。
そして、利子利息を支払う必要性もないです。
発行後のコストとして配当などがあるのですが、これも別に必須というわけではないですから、何年も発行して資金調達しただけ、という銘柄もあります。
もちろん、値が上がったり下がったりすることがありますから、それを狙って投資家たちは売買をすることになるでしょう。
上場企業とは株式を発行することによって、かなり容易に資金を得ることができます。
増資という形で新しく株式を発行することによって、利息のいらない資金を得られるようになっているわけです。
但し、上場してもそれしか資金を調達する術を利用しないのか、といえばそうではなく、普通に銀行からの借り入れもしたりします。

次の記事へ