上場企業の資金調達にお悩みならこのサイト!資金調達ランキング

ホーム > 資金調達の豆知識 > 上場企業の一般的な資金調達法とは

上場企業の一般的な資金調達法とは

企業の資金調達法はいくつかあります。
その一つとして銀行から借りることがあります。
これは別に個人でもそうなのですがやはり金融機関から借りる、となるわけです。
上場企業などは株式を発行して市場で公開しています。
ですから、発行をすることも可能であり、それが資金調達法として成立しているのですが意外とリスクもありますから上場している企業でも資金調達として銀行からの融資を選択していることはよくあります。
問題は金利でしょう。
少しでも金利が低いようにできないか、と企業も苦心しています。
或いは社債発行という方法もあります。
このあたりが上場企業における一般的な資金の調達方法であるといえるでしょう。
財産を売る、というのも一つの方法ではありますがこれは最終手段です。
あくまで株式発行、銀行融資、社債発行が三本柱になります。



上場企業も資金調達には苦労しています

上場している企業であろうと資金は潤沢とはいい難いところもあり、つまりは資金調達に物凄く苦心しています。
上場企業ですから、株式を発行することによって資金を得ているところもあります。
これは利子もかかることがありませんから、それはそれでメリットがあるのですが株の価値が下がることはほぼ確実です。
株の発行数が増えれば価値が薄まることは確実であるからです。
ですから、上場している企業は資金調達の方法として株式を追加で発行することがあるわけですが、そんなに軽々しくできるようなことではないです。
素直に銀行から借りることもありますし、社債も発行することもあります。
どちらにせよ、利子もかかることになりますがそれでも上場している大きな企業でも資金を調達する方法としてはやはり、借りる、という選択肢が確実にあるわけです。



上場企業の資金調達の方法と調達する意味

上場企業の資金調達の方法は色々ありますが、株式の発行が主な方法となります。
株式を発行するために上場するようなものですから、当然そうなります。
もちろん、銀行からの借り入れもあるでしょうし、自己資金を当てたりもするでしょう。
しかし、それだけだと限界があります。
大きな仕事をするためには、お金がたくさん必要になります。
お金を儲けるためだけではなく、社会に役立つ仕事をすることが重要です。
社会に役立つからこそ儲かるわけですし、資金調達もできるわけです。
ただ単にお金を儲けたいという会社の株式を買いたいとは思わないでしょう。
その会社の仕事が社会の役に立つと思われれば、自然とお金は集まります。
もちろん、そのためにはアピールが必要です。
自分の会社の必要性というものを、しっかりと伝えなければなりません。
実際に、社会に役立つ商品を出すのが、一番良いでしょう。

次の記事へ