上場企業の資金調達にお悩みならこのサイト!資金調達ランキング

ホーム > 資金調達の豆知識 > エクイティファイナンスで資金調達をサポート

エクイティファイナンスで資金調達をサポート

 エクイティファイナンスに注目が集まっています。新株発行を伴う資金調達のことであり、企業運営やそのサポートを行う際には、その観点からの分析が大変重要になってきます。昨今ではIRコンサルティングの業者が増えてきましたが、この点に力を入れている業者が増えています。

 エクイティファイナンスは欧米で主流であった資金流動システムであり、日本では昨今認知が広がってきたものですが、その歴史は古いです。伝統的な資金調達法になります。原則として返済期限を定めない資金の調達法になります。発行済みの株式数を増加させることにより、ひと株当たりの株価を薄める可能性もあるため、利用には細心の注意と、専門機関の支援が不可欠になります。

 起業したばかりのベンチャー企業や小規模の企業にとって大変利便性のあるシステムですが、リスクも当然あります。投資家の見込み通りの収益拡大、資金がしっかりと生かされないとなると、企業の支配関係などにも影響が大きく出てしまいます。
 もともと欧米のピューリタン精神を基準にしたビジネスシステムですが、欧米流には数字本位、実質成果のみを率直に評価する文化があります。返済期限の定めがないということは、成果を出す猶予期間も具体的に設定されてはいないということです。
 すぐに成果を出さないと、資本家からの撤退はすぐに起こりますし、配当政策などにも影響がでます。経営が揺るぎやすいシステムですので、相応の収益見込みのある企業でないと利便性を得られないとも言われています。IRコンサルティングに関しては専門の情報サイトなどがインターネット上にたくさんありますので、ご閲覧の上、内容をご確認されることをお勧めいたします。
 専門業者の公式サイトには、サポート企業としての経営基準、資金調達に結びつくまでのシステムなどが掲載されているところがあります。もちろん、サイトを通じて業者のスタッフの方に問い合わせれば、適切なお返事をいただけるでしょう。
 サイトを閲覧されてご不明な点があれば、遠慮なくお問い合わせフォームからメールをされるか、お電話で問い合わされてもよいでしょう。業種を問わず、経営状態の安定して収益を拡大されている企業は、サポート企業との連携が巧みであることが特徴です。
 現代の資本主義社会、情報化社会では経営は自社のみの手腕で行えるものではありません。資金の流動性、資金の利用の仕方に関してはプロフェッショナルの業者の助言と支援を受け、効率よく行っていくことが企業が成長していく大前提になっています。