上場企業の資金調達にお悩みならこのサイト!資金調達ランキング

資金集めに活用できる比較サイト

どんな企業にも必要なことなのが、いかにして資金調達を行うかです。いろいろな機関から資金を集める環境をあらかじめ整えておけば、急な業績の変化にもすぐに対応することができます。その結果安定した利益を稼ぎ出すシステムを構築できるので、なるべく早いうちに調達先を探しておく必要があります。

しかし自分たちの会社の身の回りにある機関だけに頼るのはとても不安ですし、すぐに調達することができない場合、会社が傾く可能性も出てきます。そのため日本全国のいろいろな機関から調達する必要がありますが、どのように見つければ良いのか分からない場合が多いでしょう。

そこで役に立つのが、資金調達先をいくつもランキング付けした比較サイトです。ここでは実際に調達した手法や感想などを網羅してくれているため、とても参考になります。しかも無料で利用できるため余計な料金を支払う必要も無く、安心して活用できるでしょう。

アールジャパン

POINT

  • 経験が豊富なスタッフの助言を受けることができます。
  • しっかりとサポートしてもらうことができます。
  • 会社にとって最適な選択を提案してくれます。
総合評価
★★★★★
顧客満足度
★★★★★
サービス内容
★★★★★
使いやすさ
★★★★★
情報充実度
★★★★★

アールジャパンでは上場企業が資金調達する際に役立つアドバイスを、知識と経験が豊富なスタッフが行ってくれます。今まで投資銀行や証券会社で働いていた人が対応してくれるので、安心して任せることができる会社です。

一度サービスを利用すれば最初から最後までしっかりとサポートしてくれるようになっており、非常に安心感のある会社となっています。常に中立になってアドバイスしてくれるので、客観的な意見が欲しいときに最適です。

自分達の代わりに最適な案を選んでくれるので、時間の節約をすることができます。実力があるスタッフが良い案か判断してくれるところも魅力となっており、資金調達の適切な方法が分からないときに便利です。

株式会社 New Asia Consulting 

POINT

  • 資金調達の確立95.2%は業界第1位の実績
  • 電話やメールで申し込み、資金調達が完了するまで一切料金不要
  • 最短3日とスピーディーに、50万円から5000万円の資金調達が可能
総合評価
★★★★
顧客満足度
★★★★★
サービス内容
★★★★
使いやすさ
★★★★
情報充実度
★★★★★

株式会社 New Asia Consultingは、中小企業や個人事業主の資金繰りや事業再生などを支援している会社です。上場企業のように容易な資金繰りが可能ではない層を顧客としながら、資金調達の成功確率は95.2%と非常に高く、業界第1位の実績を誇っています。

株式会社 New Asia Consultingでは、来店不要で相談を依頼することが可能です。仮審査、資金調達プランの申し込みは電話1本・メール1通で行うことができ、しかも完全成功報酬制です。資金調達が無事完了するまで、一切料金は必要ありません。

株式会社 New Asia Consultingでは、申し込みから最短3日でのスピーディーな資金調達が可能です。調達可能額は基本的に50万円から5000万円まで、少額からまとまった金額まで対応することができます。

株式会社ライジング

POINT

  • 融資が受けられない会社の資金調達を可能にする
  • ファクタリングを利用して、すぐに現金化することができる
  • 急ぎの資金調達にも対応することができる
総合評価
★★★★
顧客満足度
★★★★
サービス内容
★★★★★
使いやすさ
★★★★
情報充実度
★★★★

上場企業になれば、資金調達の方法も考えておかなければなりません。融資を受けられない場合でも、資金を調達する方法は存在します。まずはスムーズに資金調達ができる会社をランキングでチェックしていきましょう。

株式会社ライジングは、売掛金を現金化することができるサービスを提供しています。融資が受けられない時でも、簡単に資金調達が可能になります。メリットやデメリットなども教えてもらえるため、安心して利用できます。

株式会社ライジングのシステムは、融資とは異なり借りるわけではないので問題やトラブルが少なくなります。一時的な資金繰りの悪化などにも対応しやすいことがファクタリングの魅力です。

bpa

POINT

  • 最短で即日で1億円までの資金調達が可能
  • 全国に対応しているので会社が日本のどこにあっても利用できる
  • 電話やメールで簡単に申し込みや問い合わせが可能
総合評価
★★★
顧客満足度
★★★★
サービス内容
★★★★
使いやすさ
★★★★
情報充実度
★★★★

上場企業において最も大事なことは、いかにして資金調達を行うかです。会社には好不況の波が常にありますが、それを乗り切るには万全の状態を構築しておく必要があります。社員の士気にも影響しますし、ぜひ安全な環境を整えておきましょう。

株式会社bpaでは、そんな様々な企業の助け舟となってくれるでしょう。審査に通れば最短で即日、何と1億円までの資金調達を可能にしてくれるからです。しかも日本全国のどこにある会社でも利用が可能なので、安心して依頼をすることができるのではないでしょうか。

また電話やメールで簡単に依頼ができるのが大きなメリットで、もし資金面で不安なことが起こったらすぐに申し込めます。株式会社bpaを活用した後に事業が好転すれば、かなりの利益を見込むことができます。会社の成長と社員の士気を高められる多くのメリットがあるので、ぜひ利用してみると良いでしょう。

アットマネジメントJAPAN

POINT

  • 中小企業向けの資金調達サービスを行っている
  • 申し込みから実行が早く、即日で対応してくれる
  • 売り掛け先企業が倒産するリスクを回避できる
総合評価
★★★
顧客満足度
★★★★
サービス内容
★★★
使いやすさ
★★★
情報充実度
★★★★

アットマネジメントJAPANは、上場企業ではない中小企業に、資金調達の方法をくれる会社です。アットマネジメントJAPANは、ファクタリングサービスによって、融資を断られた中小企業の資金調達をサポートします。

ファクタリングとは、売掛金を買い取ることで資金を提供することです。こうすると、銀行に融資を断られた時、借金をしないで資金が調達したい時、業務拡大や新規事業にお金が必要な時などに楽に資金を調達できます。

アットマネジメントJAPANの特長は、即日対応してくれる事です。審査対象は売り掛け先企業のみなので、借金よりも審査が少なく、最短で1日で資金を調達することができます。なので急に資金が必要になった時にも任せられます。

株式会社No.1

POINT

  • 効率的な資産管理をすることができる
  • 利用に際し、保証人などの設定が不要
  • 会社的な信頼性がたいへん高い点
総合評価
★★★
顧客満足度
★★★
サービス内容
★★★★
使いやすさ
★★★
情報充実度
★★★

企業活動をする中で、資金繰りに苦しむケースというのはどうしても発生してしまいます。そんな時には金融機関から借り入れを受けるなどの資金調達方法が主流ですが、より効率の良い資金繰り方法があります。ファクタリングを利用する手法です。

上場企業などの財務的な信頼性がなくても、多くの会社が利用しているサービスです。このファクタリングサービスを提供している会社でおすすめの会社の一つに、株式会社No.1があります。即日利用可能でたいへん対応が早いです。

保証人の設定をすることなく、会社の売掛金を買い取ってくれて、ファクタリング制度の利用を受けることができます。最短即日での資金調達を可能にしてくれる迅速な対応が魅力です。

上場企業の資金調達はIRコンサルティングにお任せ

株式が、証券取引所で売買されるようになることを上場といいます。そして、この上場された企業のことを上場企業といいます。株式上場が実現すると、企業のステイタスや知名度が高くなります。このため、社会的な信用も上昇し、ブランド力も上がります。
この結果、株式市場からの資金調達が容易になります。一方で、上場した場合、投資家や株主に対して、恒常的に情報開示が求められることになります。この情報開示がIR活動につながります。
IRとは、インベスターリレーションズの頭文字を取った用語です。直訳すると、投資家との信頼関係となりますが、企業が投資家に対して経営状況や財務状況、業績動向など、投資の判断に有用な情報を発信する活動を行い、それにより投資家との信頼関係を構築し、投資を誘引することが最終的な目的です。

グローバル化の影響を受けて、株式市場には海外からの投資家も参入してきています。機関投資家や海外の投資家は、投資により短期的に収益を上げることを狙っていますので、企業の業績に敏感に反応して株の売買を行います。
このため、機関投資家や海外の投資家が株式を売却すると、株価が下落してしまいます。この株価の下落に一定の歯止めをかけるために、個人投資家の獲得を目指すことになります。このため、企業もIR活動のターゲットを個人投資家にも広げ、株主の構成をバランスが取れたものにすることを考えます。
IR活動も、業績や今後の見通しを公表するだけでなく、企業自身が投資家を招いて事業説明会を開くケースもあります。さらに、工場見学会なども開催し、企業そのもののサポーターになってもらう努力を行っています。

IR活動をより効果的なものにするために、各企業が工夫を凝らしていますが、上場企業の中にはIRコンサルティングを受けるところもあります。上場企業の決算説明会に、多数の出席者が得られるようにすることから始まりますが、本質的な仕事は、上場企業が株式市場に対して発信する資料の作成です。
まず、依頼元の企業のIR活動の分析を行い、その活動が株主の獲得にどの程度つながっているのかを分析します。さらに、株主や市場にマーケティング調査を行い、現在のIR活動の課題点を抽出し、新たなIR活動を提案します。
新たなIR活動を展開し、その結果を分析し、どの程度の効果があったのか、あるいは新たな生じた課題の解決に向けて、さらなる提言を行います。このPDCAサイクルを回すことで、IR活動を絶えず改善する仕組みを構築することができます。